風水 間取り 実例

今回紹介する間取りは北玄関の2階建ての間取り
部屋数は4LDKで32坪の大きさでファミリータイプの住宅です。

玄関は北西に配置されていて、北東の鬼門を外しているので
良い方角の玄関の間取りになっています。

トイレも1階2階とも鬼門の北東や裏鬼門の南西を外しています。

現代の住宅においては方位などの家相や風水のほかに
家の断熱性能や設備などもよい家相の家の条件になってきます。

寒い季節になると実際に寒い間取になっていないか?
とても気にする人がが増えるのを私も毎年体感しています。

断熱性能をとても気にするのは冬の打ち合わせをする方が多いのです。

現代の住宅では高性能の断熱材の使用をするメーカーが多く
一般的にどこで建築しても断熱性能は良いレベルになっています。

間取りではリビング階段や吹き抜けが避けられて
独立階段を選ぶのも冬の寒さを気にしてのことです。

参考の間取りでは各部屋がしっかり仕切ることができて
無駄に広い部屋がないという間取りになっていて
面白みがない反面、風水や家相的には良くなっています。

現代の住宅では断熱性能や床暖房などの設備の性能も
風水や家相以上に大事なことになっているのです。

カテゴリー: 風水 間取り,風水 間取り 理想 | Tags: , ,

風水間取りの上へ

家の間取り集

アーカイブ

プロフィール

一級建築士、住宅の設計事務所、ハウスメーカーのアドバイザーや注文住宅、分譲住宅など。現在も多くの物件の住宅設計を通して家づくりに携わる。

PVアクセスランキング にほんブログ村