張りと欠けのない家が家相で重要な理由

参考の間取りは平屋の間取りで、北玄関のプラン
大きな問題はないですが、北西のほうに水回りと
玄関移動して、さらに部屋と入れ替えるというのもありでしょう。

風水や家相と言うと根拠が薄い迷信のように考える人もいるかもしれません。

今回のように平屋で正方形の場合、張りや欠けがなく
家の形はとても良い家相であるといえます。

欠けのない家は屋根が綺麗に収まるので雨漏りのリスクが減ります。
また、構造的にも安定した間取りになっています。

特に最近の家相では張りと欠けは重要であると考えています。

なぜならば、ゲリラ豪雨などの気候変動で
今までにない量の雨が短時間で降ることがあるからです。

家の形状がシンプルであることが家相や風水上
とても大事なことになっているのということなのです。

カテゴリー: 張り 欠け,風水 2017 | Tags: , ,

風水間取りの上へ

家の間取り集

アーカイブ

プロフィール

一級建築士、住宅の設計事務所、ハウスメーカーのアドバイザーや注文住宅、分譲住宅など。現在も多くの物件の住宅設計を通して家づくりに携わる。

PVアクセスランキング にほんブログ村