キッチンが裏鬼門にあ間取りの家相診断

参考の間取りは39坪の北玄関の間取り図です。

玄関ホールは北西の位置にあり、北東の鬼門をはずして配置されています。

建物は長方形で張りや欠けもなく整った形状の平面の間取り図になります。

1階と2階が同じ面積の総2階で屋根形状もシンプルになるため
コストを軽減することも可能になります。

屋根形状がシンプルだと雨漏りのリスクも少なくなり、
ムダや半端のない平面は構造的にも耐震性の高い住宅になります。

1階と2階のトイレの位置は北東の鬼門や南西の裏鬼門をはずしてあり、問題のない位置になっています。

キッチンが南西の裏鬼門の位置にあり夏に温度が上がりやすくなります。

衛生的には冷蔵庫などもある現代では食べ物腐敗を恐れて移動しなければならないと言うことはありませんが、リビングとダイニングに南の光を取り込みたい場合いうするという配置もありでしょう。

洗面脱衣室と浴室は北側にありますが、冬の寒さを考慮して北東の浴室をはずすのなら洋室と入れ替えることもあるでしょう。

洋室と入れ替えた場合洋室には窓も増えるため採光と通風で有利になります。

北道路北玄関の間取り図の家相診断例

参考の間取りは39坪6LDKの2階建ての住宅です。

間取りの形状は長方形で張りも欠けもなく、
屋根形状もシンプルで雨漏りに強い屋根経常にすることが可能です。

構造的にも均質に力が流れるため、耐震的にも強くできます。

無駄がなければコストも抑えられるので建築費に影響します。

トイレの位置は北西にあり北東の鬼門をはずしており問題がない方位です。

北東の鬼門のトイレは冬に気温が下がりやすく心臓への負担がかかりやすいというのが難点ですが、断熱材の性能をアップするなどで解消できます。

玄関の位置は北になり、若干鬼門よりですが、鬼門を外れているので
間取りを変えなくても問題のない配置です。

どうしても気になる場合は北西側に移動して洗面脱衣室と浴室を移動することで入れ替えができます。

2階のトイレは西側にあり、裏鬼門の南西をはずしています。

こちらのトイレも位置を変えるような方位にはありませんが
南西の裏鬼門に近いと気になるようであれば、北東に移動することができます。

裏鬼門のトイレは温度が上がりやすく臭気や空気が不快になりやすいですが、換気扇等で対応できます。

その場合ウォークインクロゼットが4.5畳から3畳に小さくなってしまいます。

38坪二階建ての間取りの家相診断

参考の間取りは38坪4LDKです。

玄関は南東に配置され、鬼門の北東を避けられており
家相的に問題のない方位になっています。

裏鬼門である南西も避けられています。

気になる1階のトイレの位置も
北東と南西を避けることができています。

南西のトイレは室温が上昇して不快なことと
匂いが充満することがあります。

北東ののトイレは冬に室温が下がることから
健康面での負担がかかる可能性があります。

室温の温度変化が心臓へ負担をかけて事故につながる恐れがあります。

玄関も同様の気温差のリスクがありますが
トイレのように服を脱いだり、臭気がこもったりはしません。

とはいえ暑くてこもった玄関は不快です。

北風が内部まで吹き込んでくる玄関も
内部の気温を下げてしまうので不経済ではあります。

今回の玄関位置は東道路の間取りでは正解の位置と言えます。

南側に窓が多いのでバルコニーをヒサシ代わりに出すほうが
内部への雨風の侵入を防げるでしょう。

2階の屋根形状が複雑になるようでしたら、
2階の間取りの凹凸をなくすことでう屋根をシンプルにします。

そのことで雨漏りを少なくして、家の耐久性を高めます。

家相診断

参考のプランは39坪4LDKの間取りです。

家相的に張りも欠けもなく長方形ですし、
2階の間取りも屋根形状がシンプルになる間取りで
安定した家相になっているといえます。

玄関も北東の鬼門方位を避けて
1階のトイレや千めにゃバスルームの水回りも
鬼門を避けた設計になっているので家相的には良好です。

2階のトイレは鬼門にはないものの近いということで
気になるようだったら納戸の位置に移動するとよいでしょう。

現在の位置でも問題ないですし、
玄関の上のトイレという位置が気になれば現状がベストです。

キッチンは洗面脱衣や乾燥室の位置に近く使いやすいので
現状の位置がベストと思いますが
南東方位へ移動してキッチンの東に窓をつけるのも一考です。

その場合洗面室とランドリールームからからキッチンは離れてしまいます。

張り欠けのない長方形の間取りは屋根形状もシンプルになるので
雨漏りのリスクが少なくなる住宅になります。

その点からも2階の張り欠けや家相も気にするのが大事です。

今回の間取は洗面室の南に部屋干しのスペースがあります。
部屋干しスペースは梅雨の時期や花粉の時期、
冬の機関などに部屋の中出も洗濯物の乾燥が可能です。

共働きの夫婦にも重宝する間取りといえます。

鬼門に玄関があるかもしれない場合の家相診断

鬼門の玄関、北東の玄関を家相では嫌います。

その時にプランに大きく支障が出てしまう場合
鬼門を外して東玄関になっていると考えることもできます。

つまり鬼門にはぎりぎりはいっていなかわしているということ。

裏鬼門の南西にトイレが入っていの出はと気になる場合も
ぎりぎり裏鬼門ではなく西にはいっていると考えることもできます。

気になってしょうがない、何とか変えたい場合。
玄関を南に配置してトイレも東に非道する方法があります。

これによって水回りと玄関が鬼門の北東と
裏鬼門の南西から外れることで、
風水家相的に良いとされる間取に変えられます。

張りや欠けはもともとないので、
何も移動しなくても問題のない間取とは言えますが、
気にする場合は間取りの変更をすれば問題なくなります。

リビング続きの洋室を得るという間取りの良いところが失われるし、
洋室への南側からの採光もなくなってしまいます。

快適な部屋を優先すれば間取りを変えないこともできるでしょう。
東玄関で45度のラインに厳密には鬼門に玄関はないのですから
家相風水を気にしなくてもよいと考えます。

間取り診断で鬼門の方位からトイレを外す

参考の間取りは33坪4LDKに二階建て、
玄関ホールにはシューズクロークがあり収納量もあります。

玄関部分が欠けになっているので
収納を拡大して欠けをなくしていきます。

玄関の方位は北西で鬼門の北東ではないので
よい方位に配置されている間取りになっています。

リビングダイニングキッチンは18畳
対面式キッチンで和室がリビングに隣接。
リビング階段で二階へ上るプランで引き戸で仕切っているため
暖かい空気が上の階に抜けるのを防いでいます。

キッチン脇にはパントリー収納があるのを
家事室のように大きなスペースに拡大
欠けをなくしながら洗面脱衣室とキッチンの家事動線を確保。

鬼門の北東のトイレを鬼門から外して北西に移動します。

二階のプランは屋根形状をシンプルにするように
張り欠けをなくしていきます。

張り欠けをなくすことで雨漏りの心配を軽減して
最近のゲリラ豪雨にも強い家を作っていきます。

二階のトイレも鬼門の北東から北西へ移動します。

家の間取り集

アーカイブ

プロフィール

一級建築士、住宅の設計事務所、ハウスメーカーのアドバイザーや注文住宅、分譲住宅など。現在も多くの物件の住宅設計を通して家づくりに携わる。

PVアクセスランキング にほんブログ村