キッチンが裏鬼門にあ間取りの家相診断

参考の間取りは39坪の北玄関の間取り図です。

玄関ホールは北西の位置にあり、北東の鬼門をはずして配置されています。

建物は長方形で張りや欠けもなく整った形状の平面の間取り図になります。

1階と2階が同じ面積の総2階で屋根形状もシンプルになるため
コストを軽減することも可能になります。

屋根形状がシンプルだと雨漏りのリスクも少なくなり、
ムダや半端のない平面は構造的にも耐震性の高い住宅になります。

1階と2階のトイレの位置は北東の鬼門や南西の裏鬼門をはずしてあり、問題のない位置になっています。

キッチンが南西の裏鬼門の位置にあり夏に温度が上がりやすくなります。

衛生的には冷蔵庫などもある現代では食べ物腐敗を恐れて移動しなければならないと言うことはありませんが、リビングとダイニングに南の光を取り込みたい場合いうするという配置もありでしょう。

洗面脱衣室と浴室は北側にありますが、冬の寒さを考慮して北東の浴室をはずすのなら洋室と入れ替えることもあるでしょう。

洋室と入れ替えた場合洋室には窓も増えるため採光と通風で有利になります。

カテゴリー: 家相,家相診断,間取り 風水 | Tags: , ,

風水間取りの上へ

家の間取り集

アーカイブ

プロフィール

一級建築士、住宅の設計事務所、ハウスメーカーのアドバイザーや注文住宅、分譲住宅など。現在も多くの物件の住宅設計を通して家づくりに携わる。

PVアクセスランキング にほんブログ村