風水家相を考慮してトイレを移動した間取り例

参考の間取りは34坪の二階建ての間取り図です。

1階も2階も張りや欠けなどのでこぼこがなく、
整った形状の間取りですので家相上の問題はありません。

特に2階も屋根形状がシンプルになる張り欠けのない形で
ゲリラ豪雨や台風などの時の雨漏りのリスクが少なくなります。

玄関はやや北西寄りの北玄関で北東の鬼門を外しています。

トイレの位置は1階がやや北東の鬼門委書かていますので
北西のほうに移動して配置を変えることで鬼門のトイレが解消できます。

2階のトイレは東になりますが、1階のトイレの上に位置を変更することで、配管の問題や経路なども合理化できるのでトラブルが避けられるでしょう。

配管経路を少なくするということはコストを抑えることにも貢献します。

階段は折り返し階段で外に面して配置されています。

そのことで窓を設けることで安全な階段になり、
けがなどの危険が避けられrでしょう。

独立階段ですので暖気なども上の階に逃げにくくなります。

各部屋の配置は光と風通しも得られており快適です。

窓の取れない家はカビなどの原因で健康を害する恐れもあり、
日当たりが悪いことで精神的な疾患を招く場合もあるので気を付けましょう。

日当たり、日光を浴びることはセロトニンの分泌の関係性があり睡眠や精神状態に影響するので日当たりの良い家は重要になります。

カテゴリー: 家相,風水 間取り,風水 2018 | Tags: , ,

風水間取りの上へ

家の間取り集

アーカイブ

プロフィール

一級建築士、住宅の設計事務所、ハウスメーカーのアドバイザーや注文住宅、分譲住宅など。現在も多くの物件の住宅設計を通して家づくりに携わる。

PVアクセスランキング にほんブログ村