西玄関の住宅の間取りを家相診断

参考の間取り図は35坪5LDKのプランです。

間取り図は長方形で張り欠けもない整った形状です。

家相的には1階も2階も張り欠けのない間取りがよいです。

特に2階の平面図は屋根形状に影響するので
屋根ができるだけシンプルになり雨漏りのリスクが軽減します。

玄関の方位は北西に配置されてます。

北東の鬼門の方角や南西の裏鬼門の方角を避けられているので
家相的には問題のない玄関の位置になります。

1階のトイレは南東の位置に配置されています。

北東の鬼門の位置をはずしてあり、方位的には問題ないです。

2階のトイレの位置は北側になります。

この位置も鬼門をはずしてあり問題はありません。

階段は独立階段になり、暖気や冷気が上下階で移動しません。

間取り図は安定した総二階の形状でコストが軽減されると同時に
整った平面図であるので構造的にも安定しています。

張り欠けのない間取り図は構造的に安定して耐震性を高めるとともに
雨漏りや風に対しても強く長期的に耐久性を上げることになります。

カテゴリー: 家相診断,風水 玄関,風水 間取り | Tags: , ,

風水間取りの上へ

家の間取り集

アーカイブ

プロフィール

一級建築士、住宅の設計事務所、ハウスメーカーのアドバイザーや注文住宅、分譲住宅など。現在も多くの物件の住宅設計を通して家づくりに携わる。

PVアクセスランキング にほんブログ村