家相を気にしない結果どうなるの?

今回は家相についての考え方を紹介していきます。

家相についてなんですけれども、よく聞かれるのは鬼門。

嫌われるのは鬼門という方位です。

鬼門というのは北東ですね。

北東側の方へなぜ嫌われるようになったかって言うと
昔中国で北東の方角から敵が攻めてくるといわれたことから
北東側の方位がすごく嫌われていました。

現代では北東側の方がいいから敵が攻めてくるとか
そういうことはなくなりました。

海外ではあるところもあるのかもしれませんけど
今の現代の日本では考えられないことですね。

そこで日本に入ってきた時には嫌いな方角ということで入ってきて
後付で北東の鬼門の方角の方に玄関をおかないとか
トイレ置かないとかそういったことが起きました。

そして他に良く無い方位というのが裏鬼門で北東の逆の南西ですね。

北東も南西もどちらも嫌われる方位になってます。

北東の鬼門の方の玄関ドアをあけると冬の場合
一気に北風が中に入り込んで温度が下がってしまう
ということがあります。

またトイレをこちらの方に配置すると
冬に他の部屋との温度差が激しいので北東が冷えてしまいます。

トイレに入ると下着になったりしますので寒くてですね、
心臓に負担がかかってしまうと行ったことが起きます。

ということで体調とかた生命の管理といった上で
こちらの方にトイレとか、
あと空調面で玄関を配置するのはやめましょうというのが多くなってます。

南道路の場合は参考の間取りのように
南東に玄関入って北西に水回りを配置すると言ったのが
比較的家相では良いとされるようなプランです。

今は実際そんなに家相は気にしなくてもいいものだと思います。

というのはトイレも昔のに汲み取りじゃないですし、
玄関ドアとかももアルミでできてますから
腐りやすいとか風で煽られて折れやすいと言っても少なくなってます。

そこで一番大事になってくるのが間取りの形ですね

張りとか欠け、このくぼみとかですね

ぼんだところが湿気が溜まったりとかして劣化が激しくなったりします。

よそして何よりも屋根の形状が複雑化すると
雨漏りの原因になったりします。

特に最近ですね。

台風で今まで記録になかったような瞬間雨量を計測したり、
ゲリラ豪雨で雨の心配するのは増えています。

そして風ですね。

風も記録的な風速が襲ってきてきています。

屋根が飛んだり壁がですねもう家ごとあの崩れたりという事例も見られました。

ですので家の形がシンプルで屋根の形もシンプルで
災害に強い家づくりというのも最近の住宅では求められていると言ったところです。

特に二階の間取りなんかも屋根形状にかかわるので
注意するところです。




カテゴリー: 家相,家相 玄関,家相 間取り | Tags: , ,

風水間取りの上へ

家の間取り集

アーカイブ

プロフィール

一級建築士、住宅の設計事務所、ハウスメーカーのアドバイザーや注文住宅、分譲住宅など。現在も多くの物件の住宅設計を通して家づくりに携わる。

PVアクセスランキング にほんブログ村